薬剤師 転職 条件

転職先に対する希望条件を明確にする

転職先に望む条件とは何か?

あなたはなぜ退職したの?

 

「転職したいと思う理由を書き出す」で書き出した事が現在の職場に対する
不満点、改善してほしい点である事が分かっていますね。

 

それが改善されなければ転職する意味はまったくありません。
よってその転職したいと思う理由が転職先に望む条件となります。

 

条件を具体的にする

 

希望する勤務条件等は把握されているかと思います。
そこでその条件について具体化してみましょう。

 

公休日数・有給取得日数

 

例えば「休みが少ないから多くほしい」という事が転職理由だったとしましょう。
では休日が何日あればいいのですか?
週休2日ですか?3日ですか? 

 

*ちなみに週休3日の調剤薬局はありますよ。
 紹介されましたが勤務地の問題で残念ながら(笑)応募できませんでした。

 

休日に関しては年間120日以上欲しいといったように数値化して下さい。
ちなみに週休2日では365/7×2で104日程度になります。
週休2日では休みは少ない方です。週休2日という記載に騙させてはいけません!

 

必ず年間休日が何日あるかで決めてください。

 

 

他にも有給が今までは取れなかったので取れる職場がいいという理由であれば
有給を完全に消化したいのかどうなのか?

 

なかなか完全消化できる所は少ないかと思われますが
実際にほぼ100%取得している友人(個人調剤薬局勤務)もいます。
初めてそれを聞いた時はかなりビックリしました。そんな事あるんだって(笑)

 

 

人員配置状況

 

人が足りなくて足りなくて、毎日疲れ切ってしまっているので、少しぐらい給料がダウンしても
無理のない範囲で体を壊すことなく頑張って働きたいという理由では。。。

 

調剤薬局であれば1日当たりの平均処方箋応需枚数と在籍している薬剤師数から確認できますね。
しかし薬剤師人数が多くても、パートさんで勤務時間が短い方もいるので、例えば社員換算で
何人の薬剤師が配属されているのか確認してもいいかと思います。

 

1人当たりの処方箋枚数応需数がわかればおおよその忙しさがわかるはずです。
もちろん応需している科によって大きく異なりますが。

 

 

総合病院門前、個人クリニック門前、科目は?

 

調剤薬局希望であった場合、総合病院門前で働きたいのか
それとも特定の診療科の個人クリニック等の門前で働きたいのか、明確にした方がいいです。

 

 

 

以上、少しだけあげましたがもっともっと多数の条件が働くにあたりあります。
その中で重要視するものについては譲らないスタンスで転職先を見つける事が大切です。

転職先に対する希望条件を明確にする関連ページ

転職先への希望条件を元に求人情報を探す
転職先を探すのに管理人が利用したのは転職支援サイト。そのお蔭で無駄な時間を使う事なく希望条件にあった調剤薬局に転職する事が出来ました。自身の人事部にいた経験からも各人材紹介会社の特徴についても解説しています。
転職先を探す効率的、効果的な方法とは?
転職先を探す効率的、効果的な方法を30代薬剤師管理人の転職経験、また人事担当であった経験から紹介します。一押しの人材紹介会社についても解説しています。
転職支援サイトの使い方のポイント
転職支援サイトの使い方のポイントとは?効率的にまた効果的に転職活動を行う為にはリクナビ、マイナビなどのへの登録なくしてはならないほどです。採用担当をしていた経験を踏まえ各人材紹介会社の特徴についても解説しています。
採用面接時のポイントとは?
採用担当としての経験から面接時のポイントを紹介します。第一希望の企業に入社を決める為に必要な面接対策とは何か、最低限必要なポイント、そして他の人との差別化等について。
管理人の面接体験記
30代薬剤師が自身が転職した時の面接体験記になります。また自身の転職経験だけでなく人事部にいた経験からも各人材紹介会社の特徴についても解説しています。

ホーム RSS購読 サイトマップ
転職活動記 人材紹介会社比較